貸切バスを借りる方法

社員旅行や学校でのサークルなど、貸切バスが必要になる場合が出てきます。そんな時、どのようにバスを借りればいいのか、手順を説明します。

まずは当日の日程を考えます。どこでどういう使い方をするのか具体的に考えていきましょう。たとえば、駅からホテルまで利用する、ホテルから観光先まで利用する、その場合はどれくらいの時間待機するようになるのかなど、大まかに決めていきます。宿泊をともなう場合は、日にちごとに決めていくとスムーズです。

次に貸切バスの種類を選びます。そのためには、利用する人数を把握しましょう。小型車でおよそ21人から25人、中型車で25人から28人、大型車で45人から60人ほどが乗車可能です。その乗車人数をもとに、種類を決めていきます。

最後に貸切バスにどのような機能が必要かを考えましょう。トイレは必要か、荷物は多くなるのかなどです。観光の場合は、座席を向かい合わせに動かすことのできる、サロンタイプのバスも選べます。ここまで決めたら、希望の日に空きがあるか、価格はいくらなのかなどといった見積もりを取りましょう。夏休みや大型連休などは予約が混みあう場合があるので、早めに手配することをお勧めします。